頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

日常・雑談

観光と安全保障~僕らはみんな外交官②

たとえば、私は、たった1回ですが、スリにお金を盗られたことがあります。夕方のピンの乗合バスの中での出来事でした。被害額は約1万円でした。金額が惜しかったこともありますが、気づかれないようにポケットを切って盗まれた行為に、フィリピンという国全体を悪いものだと感じました。

バスを降りた直後にスリに気付いた私は、呆然とその場に立ち尽くしました。明らかに海外からの旅行者と解る私を、大勢の現地の人々が取り囲みました。片言の英語で事情を説明すると、バナナをひと房だけ売っているような露天商が集まってきて、お金をそれぞれに差し出して、「これで足りるか」と口々に言うのです。小規模な商人たちですから、集めたところで金額は知れていました。しかし、おそらくは、彼らの一日の売上金を差し出しているのです。私のフィリピン国民への印象は、たった数分間で逆転しました。

-日常・雑談
-, ,