頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

教育・福祉

新生児聴覚検査について思うこと①

父親になって初めて知ることが沢山あります。新生児聴覚検査もそのひとつです。これは、生まれてすぐに、赤ちゃんの耳が聞こえているかどうかを電気的に検査するものです。保護者がお金を払って検査を受けるかどうか選べます。

言い換えれば、新生児聴覚検査は全員義務というわけではありません。お金を払って検査を受けさせたい保護者の子供は、新生児の段階で耳が聞こえているかどうかが解ります。私は主治医の勧めもあって受けさせました。

難聴と診断される可能性が低いので、お金を払ってまで検査を受けさせたいとは思わない保護者の子供は、ずっと後になってから耳が聞こえづらいことが解ったりします。別に、後で解ってから治療しても良いのではないかと思われるかも知れませんが、早期発見の方が明らかに良いですよね。

-教育・福祉
-, ,