頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

政治資金

政治とお金の問題に思うこと⑲

2016年11月17日の朝日新聞によれば、約95%の地方議会は、政務活動費を前払いしているとか。⑱で指摘した「もらった商品券」的な性格が、前払いだとさらに強くなりますよね。後でもらうより、前もってもらったら「さあ、どうやって使い切ろうかな」と思いがちです。

「心の会計」がきっちりと備わった人が政治家だったら、「これは自分の働きに対する給料で、こっちは税金の政務活動費」と会計簿を分けて考えられるのかもしれません。しかし、「これは給料、こっちは降ってきたお金」と感じがちなのが多くの人間です。政治家だって、そう感じがちなのかも知れません。

そうだとしたら、こういう方法はどうでしょうか。給料と政務活動費を合算してしまって、給料にしてしまうのです。もちろん、政治家の給料だって、元は税金ですから、税金で生活させていただいているという意識は抱き続けるべきです。しかし、心の会計として、手元にあるお金が全部で、政務活動費のように降ってきたように感じるお金がないとしたらどうでしょうか。

-政治資金
-, , ,