頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

社会

LGBTについて思うこと③

企業の取り組みも様々です。いわゆる同性のカップルに、男女カップルと同じようなサービスを提供する企業が出現しています。夫婦割引や配偶者受取のようなものを同性カップルにも使ってもらうようにしています。

お客さんに対する取り組みに限らず、従業員に対しても様々なアイデアが実行されているようです。同性カップルに対して、男女の夫婦に与えられてきた手当を出すとか慶弔金を出すといった動きがあります。なかには、社内のトイレの一部を「ジェンダーレス・トイレ」と名付けている企業もあるそうです。

しかし、公的機関は難しい対応を迫られます。たとえば、アメリカでは、自分が感じる性のトイレを使って良いですよという政府通達が出ましたが、「出生証明書に書かれた性別のトイレを使いなさい」という州法を持つノースカロライナ州などからは反対意見が挙がっているそうです。トイレや公衆浴場などは、性別が非常に重要な意味を持つ場所で、別の犯罪のきっかけを生み出しかねませんから、LGBTの人々の気持ちも理解できますし、他の人々の抵抗も理解できます。これは、本当に難しい課題だと思います。

-社会
-