頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

選挙

参政権の拡大について思うこと①

2017/02/26

今日の報道によれば、地方議員の被選挙権年齢の引き下げが検討されているとのこと。昨年は、公職選挙法が改正され、18歳から投票できるようになりました。新制度が適用された参議院選挙では、18歳の有権者は51.17%の投票率となりましたが、それでも、全体の投票率54.70%を下回る結果に終わりました。せっかく参政権が拡大されたにもかかわらず、残念な結果でした。残念といえば、新制度によって19歳の有権者も生まれましたが、こちらは39.66%という低投票率で、せっかくの新制度が機能したとは言えない結果です。

これらの結果の原因は様々に想像できますが、さらに高い投票率を実現するためにできることを考えていきたいと思います。

-選挙
-, ,