頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

選挙

参政権の拡大について思うこと⑦

日本で働いている人は、約6000万人いますが、その約7割が勤め人です。代議制民主主義をとる我が国の議会が、国民や市民に代わって代表者である議員が意見を相談する場所だとすれば、もうちょっと勤め人出身者が多くても良いはずです。しかし、実際にはそうではありません。

勤め人が、それなりの年齢になって、政治家として活動してみたいと思った頃には、自分の家族もいたりします。そこで、当選するかどうかも解らない将来に身をさらすことは、なかなか心理的な抵抗があることです。もちろん、そこまでの勇気が政治には必要だと言う意見もあるでしょう。

-選挙
-, , ,