頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

教育・福祉 社会

少子高齢化について思うこと⑦

少子高齢がこれほどまでに進行したのは、教育制度にも原因があるのではないでしょうか。先述のように、私は、現行の教育制度を見直すべきだと考えています。

6・3・3・4年制を見直し、たとえば、義務教育期間の前半は、6・3制だけの時間が必要だとしても、後半は改良した方が良いと思います。多くのそれほど専門性が高いともいえない現状を抱える高等教育部門を、高い専門性を身に着けることができる教育機関に変更するのです。生徒にとっては、若くして、キャリア意識を高めなければならず、教員にとっては、15歳に満たない生徒の将来を、彼らの持ち味を引き出して導くという立場となる難しさはあるにせよ、十分に検討に値するはずです。

-教育・福祉, 社会
-, ,