頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

社会

エネルギー問題について思うこと③

経済産業省が予測する将来の産業構造は、国内産業の生産が低迷する場合と拡大する場合が想定されています。産業が空洞化すれば、現在使用しているエネルギー量を必要としなくなり、新産業が隆盛した場合には、さらなるエネルギー源を求めなければならなくなる可能性があるわけです。省エネ技術や新エネルギー技術の発展が同時期に見込めることも留意しなければなりません。

このような前提で、エネルギー問題をどのように見るべきかと言えば、現時点での現実社会の要求と、それに応えるための技術・費用の側面から、現実的な解決策を検討すべきでしょう。

原発の再稼働は、輸入化石燃料に依存している国内エネルギー事情を鑑みると、必要と言わざるを得ません。但し、安全が確認されてから再稼働しなければならないのは言うまでもありません。しかし、その安全確認に疑義が生じている事実、また、その安全確認のために過度な準備書面が要求されている実態等は、再考すべきです。

-社会
-, , , , ,