頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

安全保障

テロについて思うこと③

2016/10/31

バスが緩やかな坂を上りきった頃に視界が開けます。すると、視線の先にはものすごい煙があるのです。視力は良い方なので、煙がどこから出ているのかも解りました。世界貿易センタービルに大きな穴が開き、炎も見えました。私は、「どういうことなんだ」「どうやったらあんなに大きな穴が開くのだろう」「誰か中に居たんじゃないか」と色々な考えを巡らしながら、運転を取りやめて降ろされたバスを後にしたのです。マンハッタン島の真ん中で取り残された状態となり、少しひんやりした空気がまとわりついたことを思い出します。ひとまず自分の通う学校に向かい、14階の自分の机から現場を見ようと思いました。
旅先が多かったので、テロ発生のニュースを耳にする度に、近くに行ったことがあると思った経験は少なくありません。しかし、私自身が直接近くに居合わせることになろうとは想像だにしませんでした。

-安全保障
-,