頭師のぶひで

頭師暢秀(ずしのぶひで)オフィシャルウェブサイト

教育・福祉

自殺について思うこと③

自殺者は男性がやや多く、景気の良し悪しなどで波があるそうです。これに対して、女性はほぼ一定数が自殺してしまうようです。自殺する人が最も多いのは60-69歳の年輩の人たちで、男性が女性の2倍くらい亡くなっています。そして、50-59歳、40-49歳、30-39歳、20-29歳という世代が続きます。

理由を調べると、健康問題を悲観して自殺する人が最も多く、続いて、経済・生活問題、家庭問題、勤務問題、男女問題などが理由とされています。確かに、健康問題というのは、現代医学をもってしても如何ともしがたいことがあるかもしれません。しかし、他の理由は、何かしらの方法で対処できそうな気もします。つまり、自殺者の多くは、まだまだ思い留まれる可能性があるのではないでしょうか。

どなたにもお話できない悩みがあっても、たとえば、次のような拠り所があります。

はりまいのちの電話
相談ダイヤル: 079-222-4343
相談時間:毎日14:00~1:00
相談料:無料

-教育・福祉
-